どんな試験がある?知識を問う問題と実技の対策が必要!

試験の内容を知って勉強をする

保険の提案であったり顧客のライフプランの相談をする仕事にファイナンシャルプランナーがあります。この仕事をするの必要な国家資格はありません。保険会社に勤める人、税理士、社会保険労務士などが行うケースが多いようです。必ずこれがないといけない国家資格はありませんが、一定の能力を示す資格があります。そちらを持っていると、提案をする相手にも信頼してもらいやすくなります。資格を取得するのであれば、まずは試験の内容を知りましょう。最も高いとされるのが、1級FP技能士やCFPとされています。この資格を得るには2級FP技能士を取得している必要があり、2級FP技能士を取得するには3級FP技能士の取得などが必要です。その他CFPやAFPなどの試験もあります。

知識を得るだけでなく実技も必要

資格を得るための試験では、一般的には知識を問われる問題が出されます。法律や専門用語などを覚え、出題に応じて解答する必要があります。ファイナンシャルプランナーの試験があり、こちらでもまずは法律や専門用語を覚えたり理解する必要があります。ではそれらを覚えるだけで合格できるかですが、少し異なります。この仕事は、お客さんから相談を受けてそれに応えるスタイルです。その時にただ知識をそのまま伝えるのは問題があるでしょう。試験には、知識を問う問題と提案力を試す実技があります。3級の実技は知識問題と大きく変わりません。しかし、1級などの高度な試験になると面接で実技力が試されます。顧客に提案する能力が備わっているかチェックされます。

ファイナンシャルプランナーの講座を選ぶには、年金や保険制度に関する専門的なノウハウを経験豊富な講師からレクチャーしてもらうことが大切です。