小さなステップから!資格試験合格のための勉強ルール

スキマ時間を見つけ出そう

仕事や趣味の資格試験を取ろうと決意したのに、忙しくて勉強する時間が取れない、と悩む人はたくさんいます。仕事で忙殺されると時間感覚が鈍くなりがちです。勉強時間を見出すには、ちょっとしたスキマ時間を見つけて勉強するのがコツです。1日5分でも取り組むことが大切です。

一日の色々なところにスキマ時間は眠っているもの。ポケットサイズの教科書を持ち歩いたり、スマホに勉強アプリを入れて、スキマ時間に勉強できるよう工夫しましょう。パソコンが起動するのを待つ時間、エレベーターが来るのを待つ時間、ほんの1分から3分ぐらいでも1つのキーワードを覚えることはできるはずです。

目標をキツく設定しない

資格試験合格のために、試験日から逆算して勉強のスケジュールを考えることは、充実した生活を送るカギです。ただ、スケジュールを詰め込みすぎたり、目標を高く設定しすぎるのは挫折のもとです。2時間早く起きようとか、家に帰ったら勉強する時間を作ろうとか、普段慣れていないことを急に始めるのは、体も心も追いつきません。

最初のステップは目標の25%、もっと言えば、かなり低くても大丈夫です。明日にでも実践できるレベルに設定しましょう。最初に立てた目標が達成できないと、自分を情けなく感じたり、ヤル気が起きなかったりして、長く続かないものです。達成できたら自分を褒めるのも肝心です。おやつを食べたり、好きなゲームをしたり、ちょっとした気分転換になるものを用意しておきましょう。

医療事務の講座を受講することで、最新の診療報酬の請求方法を理解することができ、就職時にも大きな役に立ちます。