スキマ時間を利用して上手に資格取得を目指そう!

資格はどうやって選んだらいいの?

資格って一口に行っても色々ありますよね。医師や弁護士などの難関国家資格、語学資格、民間資格、講座を受講するだけで取得できる資格など様々です。仕事上取らなければいけない、という場合も多々あるでしょうが、自分から何か資格を取りたいという場合は、何を基準にして選んだらよいでしょう。やはり、自分の興味のある分野の資格というのが、勉強をしていて楽しいし、とっかかりやすいのではないでしょうか。それが役立つ資格であったり、仕事上有利になる資格だったらラッキーですよね。

忙しい!でもできる資格の勉強方法

普段仕事をしながら資格取得を目指すとなると、やはりネックとなるのは勉強時間の確保ですよね。しかし、忙しい合間のスキマ時間を確保することによって、資格試験の合格を大きく引き寄せることは可能ですよ。

毎日の生活パターンを見直して、スキマ時間を見つけましょう。例えば、電車通勤をしているなら電車の中で20分勉強する!という目標を立ててみてください。往復で1日40分、1週間に5日ならなんと200分もの勉強時間を確保することが出来ます。これは大きいですよね。しかも短時間でやらなければいけないという精神的に追い詰められた状況になることで、普段よりも集中することが出来ます。短期間に集中してやれば、1回に200分勉強するよりは効率がいいですよね。お昼休み、朝ご飯の前、夜寝る前、など、あなただけの集中できるスキマ時間見つけてみてください。年齢とともに衰える記憶力、でも集中して繰り返し学習することで、試験までにしっかりと脳に知識を刻むことが出来るはずです。

基本情報技術者の試験の範囲は、プログラミングやアルゴリズム、表計算など、エンジニアとして必要な知識が問われます。