初心者のために介護職員初任者研修をわかりやすく解説

なぜ介護職員初任者研修が創設されたのか

介護職員初任者研修は、2013年からスタートした制度です。介護職員初任者研修が創設されたのは、迫り来る高度高齢化社会へ対応するためです。厚生労働省の試算によると、近い将来に必要とされる介護職員の数は現行水準の約1.5倍にもなるとみられています。その一方で、介護職を目指す人のためにホームヘルパーや介護福祉士、介護職員基礎研修などさまざまな研修制度や資格制度が入り乱れて存在しており、わかりにくいという指摘を受けていました。

介護職員を育成する研修・資格制度

介護職についての研修・資格制度をわかりやすくして、たくさんの人が介護職員としてのキャリアをスタートすることができるように、「介護職員初任者研修」「介護福祉士」「認定介護福祉士」の3つの資格・研修制度にリニューアルされました。この中で、最も初歩的な知識やスキルを身につけるものが介護職員初任者研修になります。ちなみに、介護職員初任者研修を修了し、実務経験を積むことでより上位の資格である介護福祉士になることができます。

介護職員初任者研修の目的

介護職員初任者研修は、これから訪問看護事業の仕事に就こうとしている人、介護についての最低限の知識とテクニックを身につけたいという人を対象にしています。介護の仕事に興味をもった人が最初に受ける研修として最適です。また、家庭で親の介護をしている人が介護職員初任者研修を受けるケースも増えています。日々の介護に役立つ知識を身につけることができるためです。全国の資格スクール、通信教育などで最短1ヶ月ほどで修了することができるので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

介護職員初任者研修とは、介護を行う際に必要である基本的な知識と技術、介護を実践するときの考え方を理解することを目的とした資格です。誰でも受講できますが、全課程終了後に筆記試験を受ける必要があります。