就業規則はそのままで大丈夫?社会保険労務士に相談してみよう!

労働基準法の改正に備える

会社などが守らないといけない法律に労働基準法があります。労働者を雇用する場合には、この法律に従った手続きが必要です。会社では就業規則を設定することがありますが、内容は労働基準法を下回ることはできません。最低ラインとして労働基準法通りにしておく必要があります。社会保険労務士は、労務関係のスペシャリストです。労働基準法の改正の情報なども熟知しているので、改正に合わせた就業規則の見直しの提案をしてもらえます。忘れていたなどを防げます。

労働者が働きやすい労働時間の設定

多くの会社では、朝の9時を始業時間として設定しています。そのため、8時台の通勤は非常に大変です。最近は共働きで育児をしながら働いている人もいますから、子供の送り迎えに困る労働者もいるでしょう。労働者のことを考えるなら、社会保険労務士に就業規則の見直しを相談しましょう。良い制度としてはフレックス制があります。始業時間と終業時間を労働者が決められる制度です。働きやすくなれば、優秀な人が入社し、離職率も下げることが出来ます。

労働日数の変更を検討する

会社には休日があります。労働基準法上では、1週間に1日休日を定めればよいとなっています。日曜にする必要はなく、もちろん週休2日制にする必要もありません。ただ、今は週休2日制が主流になっています。日曜しか休日を設けていないなら、何とかする必要があるでしょう。社会保険労務士に、相談するといい提案をしてもらえます。1日の労働時間、1週間の労働時間を調整することで土日の休みなどが設定できるようになります。1日8時間を5日にすれば上限の40時間になります。

就業規則は、社会保険労務士ではない人が作ることができます。しかし社会保険労務士の就業規則は、後でトラブルになりにくいというメリットがあります。