もうダメ!?自己破産の前に知っておきたいこと

いきなり自己破産はできない

誰もが望まない自己破産。しかし、世の中には自己破産の道しか残されない人もいます。とはいえ、債権者からしたら「貸し付けたお金が返ってこない」わけですから、そうあっさりと認められはしません。最終的には裁判所が認めてようやく自己破産が成立するんです。もっとも、その前に弁護士さんや行政書士さんに現状を話す機会があるでしょうから、その段階でおおよその見当は付くはずです。あくまで、自己破産は「財産が何も残っていない状態」でなくては認められないと思ってください。もし、自己破産が難しいと判断されれば、弁護士さんから自己再生など他の方法を提示されることになるでしょう。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産というと聞こえはよくありませんが、本当にお金に困っている人にはありがたい救済措置です。先にも書いたように「財産が何もない状態」なら、失うものはありません。厳密に言えば99万円以下の価値の資産や現金は残すことを認められており、古い車で買取り査定が20万円に満たないものなどは手元に残せる場合があります。また携帯などの生活インフラに関するものも対象外なので、その後の生活にはさほど困らないでしょう。一方でデメリットとしては、自己破産から5~7年はローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなくなります。いわゆる「ブラックリストに載る」ということですね。しかし、そもそもお金がないのですから支払えないカードが作れても意味はありません。これもさほど大きな問題とはいえないでしょう。

最後の頼りは弁護士!その費用は?

そうなると一番気になるのが弁護士費用です。「破産するのに費用がかかるなんて」と思う人もいるでしょうが、自己破産は裁判所の許可が必要です。そうなるとやはり弁護士にお願いするしかありません。考え方を変えれば、申請に必要な面倒を代行して行ってくれるのですからありがたい存在です。その費用ですが、事務所や内容にもよって差はありますが20万~25万円といったところが相場でしょう。一括で払えない人のために分割にも対応してくれますし、ほとんどの弁護士事務所は初回は無料で相談を受け付けてくれています。一人で悩むより、まずはプロに相談してみてはどうでしょうか。

自己破産をしてしまったら様々な手続きが必要になっているので日頃から注意をしながら情報を収集しましょう。